ネット旅行.com > ヨーロッパ > スイス > 世界遺産 > ラ・ショー=ド=フォン

ラ・ショー=ド=フォン 旅行動画&写真&地図(スイスの世界遺産)

ラ・ショー=ド=フォン」(La Chaux-de-Fonds)

「ラ・ショー=ド=フォン」は、スイスのヌーシャテル州に残る、

伝統的な時計製造業と結びついた都市。

「時計の帝都」とも呼ばれている。

職住近接型の都市計画は、19世紀半ばにはカール・マルクスの『資本論』において、

分業を分析する際の一事例として取り上げられ、「工場都市」と評された。

1900年に、ラ・ショー=ド=フォンは時計の製造・流通の重要な拠点になっており、

時計工場では生産は機械化され、この時期に世界の時計生産の約55%を担っていた。

現在のラ・ショー=ド=フォンには国際時計博物館があり、

この博物館は半分地下に作られた巨大な博物館で、

古今東西の3000点を超える時計が集められている。

また、この博物館は同時に「人と時」研究所でもあり、

時間と人間のかかわりについての多角的な研究も行われている。

また、スイス計時史協会(Chronometrophilia)の本部も置かれている。


2009年に「ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル、時計製造業の都市計画」として、

ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

(出典:ウィキペディア)

スイスのお土産 一覧(提供:楽天)を見る→


■ ラ・ショー=ド=フォンの地図

  • 右上の「写真」をクリックすると衛星写真に、「地形」をクリックすると地形図になります。
  • 左上の矢印で移動、「+」でズームアップ、「-」で広範囲を表示します。




■ ラ・ショー=ド=フォンの写真


(C)zeynel


■ ラ・ショー=ド=フォンの旅行動画


■ スイスの世界遺産

旅行動画&写真検索

「ネット旅行.com」に
収録されている動画と写真を
五十音で検索できます。